スポンサーリンク

確定申告

はじめての副業のせどりの確定申告でよくある失敗例5選

✅確定申告の大まかな流れはわかったけど、失敗したくない。

✅本業、副業と忙しいので確定申告に時間をかけたくない

✅申告書提出後に税務署から問い合わせなどがくるのはイヤ

そんな人のために、

税務の実務に通算18年従事して数多の確定申告をしてきた私がピンポイントで解説します。

確定申告は間違った場合、修正申告書を提出することで、修正は可能です。

ただ、間違いを税務署が気づけば、すぐ税務調査とはなりませんが、確認の電話などはかかってきます。

専業でやっている人ならともかく、副業の人は、日中、本業の勤務中に電話がかかるのもイヤですよね。

そこで、はじめての確定申告で失敗しないようによくある失敗をピックアップしました。

この記事の内容

【副業のせどりの確定申告でよくあるまちがい5選】

➊副業なのにせどりを事業所得で申告している。

➋副業なのに青色申告を適用する。

➌棚卸をしていない。

➍電子申告はインターネット環境があればすぐできると思っている。

➎領収証がないものは経費にしなかった。

ポイント

この記事では、副業のせどりの確定申告でよくある失敗に焦点をあてて解説しているので、本業・副業で時間のないせどらーの人向けに効率よく確定申告の間違いポイントを理解できます。

副業のせどりで確定申告が必要な人はどんな人か?確定申告の大まかな流れについてはコチラの記事でくわしく解説しています。

no image
副業せどりの確定申告の流れは3つの申告方法を整理するとよくわかる

副業のせどりの確定申告、 いまいちピンとこないので、大まかな流れを知りたい。 雑所得なのか?事業所得なのか?青色申告なのか?そのへんがよくわからない。 そんな方のために、税理士事務所で税務に通算18年 ...

続きを見る

副業のせどりの確定申告でよくある失敗例5選

➊副業なのにせどりを事業所得で申告している。

「せどり」は「物販」なので、事業に該当するんですが
副業でやってる場合は、本業である会社員の給与があります。

そのため、原則的には副業の場合は「雑所得」で申告することになります。

せどりで確定申告するときは雑所得?事業所得?税務調査になるのはどんなとき?

せどりを確定申告するときは雑所得? それとも事業所得? どうやって見分けるの? という疑問を税務の実務に18年従事した元税理士事務所職員の私が解決します! 雑所得でも事業所得でもどっちでもいいでしょ? ...

続きを見る

➋副業なのに青色申告を適用する。

青色申告は、事業所得・不動産所得・山林所得でないと適用できません。
せどりを副業でやる場合、原則「雑所得」になるので、青色申告は適用できません。

副業のせどりを青色申告にできない理由を元税理士事務所職員が解説

  副業のせどりを青色申告にするとマズいの?税務署になんか言われる? という疑問に、税務の実務に通算18年従事した元税理士事務所職員の私がお答えします。 副業のせどりは、原則「雑所得」で申告 ...

続きを見る

➌棚卸しをしていない。

確定申告でせどりの儲けを計算するには、会計の規則にしたがって計算します。

仕入れた商品は、「仕入」という勘定科目で経費になりますが、年末に売れ残った商品は、経費から外して、「棚卸資産」という資産の科目に振り替えます。

これを棚卸しといいます。

なぜ、そんなことをするかというと、会計で次のようにきまっているからなんです。

費用収益対応の原則

費用(経費)は、収益(売上)に貢献したものを計上する

つまり、売れ残った商品は、売れ残った時点で経費から外して売れたときに経費として計上します。

せどりで在庫が増えると税金が発生し、お金が無くなる2段階の仕組み

  せどりで、「在庫が増えるとお金がなくなる」って言いますよね? たしかに事実として、在庫が増えるとお金は無くなります。 なんとなく、わかっていても ✅ピンとこないし、調べるの ...

続きを見る

➍電子申告はインターネット環境があればすぐできると思っている。

電子申告をするには、送信の際にマイナンバーカードかID・パスワードが必要です。
取得方法は次のようになります。

マイナンバーカードの取得

住んでいる市区町村にマイナンバーカードを申請し発行してもらう

ID・パスワードの取得

税務署で税務署員対面で本人確認のうえ、ID・パスワードを取得する

マイナンバーカードの取得は、自治体にもよりますが、早くて1~2週間、遅いと1ヶ月以上かかります。ID・パスワードの取得は、所轄税務署に出向く必要があります。

いずれも、電子申告するまえに、手続きしなければならないのですが、あまり周知されてなくて、確定申告期限直前にあわてる人も多いです。

➎領収証がないものは経費にしなかった。

領収証じゃないとダメということはなく、
レシートでもOKです。

要は、日付、相手先、金額、払った内容が明確なことが大事で、
それを満たしているレシートであれば問題ないです。

ポイント

日付、金額、相手先、支払った内容が明確にわかること

これまで、私は100件超の税務調査に立ち会いましたが、
領収証じゃなくレシートってことが問題になったことは1度もないです。

せどりの確定申告の領収書、レシートはダメ?税務調査ではどうなる?

  せどりで確定申告するとき、領収書ではなくレシートじゃダメ? 毎回領収書もらわなくてはいけないの? ネットで仕入れてクレジットカードで払った場合は? という疑問に 税務の実務に通算18年従 ...

続きを見る

確定申告の経費って、どんなものがあるの?という疑問に関しては、コチラでくわしく解説しています。

確定申告をまちがえず、手間かけず終わらせる方法

 

これまで、失敗項目を見てきたんですけど、どうでしょうか?

細かいことが多岐にわたってあったと思います。
できるだけわかりやすく、網羅したつもりですが、「初めての確定申告を失敗せずに」というのは大変かもしれません。

そこで、まちがいなく確実に確定申告を終わらせるには、「税理士にたのむ」のがベストです。

専業ならともかく、

副業でせどりをやりはじめたばかりだし、税理士費用が、、、

とためらっていませんか?

確定申告のやり方を覚えたところで、
せどりの利益には一切結びつきません

たしかに自分で確定申告すれば、お金は出ていきません。
でも、もちろん収益は0です

確定申告を税理士に依頼すれば税理士費用は出ていきますが、
その時間をせどりに充てれば、収入もあります。

たとえば、
あなたのせどりで稼ぐお金が1日換算で15,000円だとします。

なれない確定申告を
失敗せずに自力で初心者がやると、10日はかかります。

税理士に頼まなければお金は出ていきませんが、
15万円の収入はなくなります。

ところが税理士に依頼して、
税理士費用を15万円以下におさえれば、収支はプラスになります。

ここで大事なのは、その時間をリサーチにあてていたとすると、

税理士費用を10万円におさえれば、
得するのは5万円どころじゃないということです。

というのは、

リサーチに充てた時間で得た「仕入商品のリスト」は、ずっとあなたに収益をもたらします。

その商品リストによる収益を考えると、
将来的な収益は5万円くらいの差ではないことは容易に想像できますよね。

じつは副業の雑所得なら税理士費用は高くない

せどりの確定申告の税理士費用が高いイメージがあるのは、個人事業主のケースを多く見るからです。

個人事業主の場合、「事業所得」で「青色申告」を適用する人が多いので、「帳簿」の作成が必要です。

この帳簿の作成が手間がかかるため、税理士に依頼すると、費用がかさみます。

ところが、副業でせどりをする場合、「雑所得」での申告になります。
依頼される税理士としては、

✅本業の給与のデータ

✅せどりの売上・費用・利益の各合計数値

を確定申告書に入力するだけなので、簡潔に完了します。

そのため、費用も安価で請け負うことができます。

税理士に依頼するメリット

副業のせどりの確定申告を税理士に依頼するメリットをまとめると、

税理士に依頼するメリット

  • 確定申告書の不備がほぼない
  • 税務署からのお尋ねは対応してくれる
  • せどりの業務に時間を使うことができる
  • 無駄な税金を抑えることができる

税理士費用を安くするコツ

税理士費用に限らず、コストカットするなら見積もりをとって比較するのがあたりまえです。

でも、なぜか税理士に対する費用は、

✅見積もりも取らずに決めてたり

✅言い値で決めたり

することが多いです。

でも、税理士を1軒1軒訪ねて見積りとるのは現実的じゃないですよね?

そこで、税理士紹介サイトを利用しましょう。

税理士紹介サイト

税理士紹介サイトというのは、ユーザーと税理士をマッチングするサービスで、登録すれば、要望に合う税理士を複数紹介してくれます。

その中から面談の上、税理士を選ぶシステムです。

ユーザーは税理士の紹介は無料で、税理士紹介会社は、税理士とユーザーが契約した場合に税理士から紹介料を受け取ります。

 

ただし、税理士紹介サイトもいろいろあります。
その中から、あなたに合った税理士紹介サイトを選ぶにはポイントがあります。

それは、

ポイント

あなたが何を最優先するかで決めるのがポイントです。

優先するものとは、たとえば、、、

✔安心できる大手がいい
✔地方に住んでいるので、全国規模で登録税理士が多いところがいい
✔税理士選びは失敗せずに一度で終わらせたい
✔面倒なことはお任せがいい

といったことです。

これを税理士紹介サイトの特長にあてはめると、

✔安心できる大手がいい
✔地方に住んでいるので、全国規模で登録税理士が多いところがいい

ココがおすすめ

税理士ドットコム

✔税理士選びは失敗せずに一度で終わらせたい
✔面倒なことはお任せがいい

ココがおすすめ

税理士紹介エージェント

それでは、税理士ドットコムと税理士紹介エージェントについて、くわしく見てみましょう。

税理士ドットコム

税理士ドットコムの公式サイトはこちら

安心できる大手がいい、地方に住んでいるから登録税理士が少ないのではと心配と思っているなら、税理士ドットコムがおすすめです。

税理士ドットコムは東証マザーズ上場企業が運営するので安心です。
また、全国規模で、登録税理士は業界最大なので、地方に住む人でも地元の税理士が紹介してもらえます。

ポイント

✅東証マザーズ上場企業が運営

✅税理士登録数5,700人

✅全国規模で展開

✅14年間で127,000件の実績

税理士ドットコムの公式サイトはこちら

税理士紹介エージェント

税理士選びは失敗せずに一度で終わらせたい、面倒なことはお任せがいいなら、税理士紹介エージェントがおすすめです。

税理士紹介エージェントのメリット

✅面談により審査に合格した税理士が登録

✅担当者に税務会計の専門知識があるのでマッチングが適切

✅担当者が税理士とのやり取り交渉を代行してくれる

 

税理士紹介サイトは登録無料なので、登録して見積もりをとって検討するだけでも価値があります

今後、あなたのせどりのビジネスが成長すれば、いずれ税理士に依頼することになります
早い段階で経験しておくことは、あなたにとって必ずプラスになります。

スポンサーリンク

-確定申告

PAGE TOP

© 2021 せどりの確定申告メソッド Powered by AFFINGER5