スポンサーリンク

確定申告

せどりの確定申告しないとどうなる?税務署に指摘される前と後ではこれだけ違う

✔せどりの確定申告しないとどうなるの?
✔しなくてもバレないんじゃない?
✔バレてから確定申告すればいいんじゃない?

過去に確定申告していなかったり、確定申告がまだで、これからすべきか悩んでいるなら、気になるところですよね。

せどりなどのインターネットビジネスは、無申告者が多いことがデータ上もあきらかで、数年前から国税庁はマークしています。

せどりの無申告を税務署がマークし始めた3つの理由を元税理士事務所職員が解説

  過去の確定申告をしなかったのマズいかなぁ。 無申告って税務署にわかるものなの? そもそもさかのぼって、確定申告できるの? せどりの確定申告をしてなくて、不安や疑問がたくさんありますよね。 ...

続きを見る

そこで、この記事では、

この記事の内容

せどりの確定申告をしないことがバレる理由、しなかった場合のペナルティについて、
税務調査で税務署からの指摘を受けて申告した場合と自主申告による違いを解説しています。

税務の実務に通算18年従事し、100回以上の税務調査に立ち会った私の経験則から執筆しました。

ポイント

税務調査がくる前にどう対処すべきかがわかるので、確定申告をしていないことでの不安がなくなり、安心してせどりの業務に集中することができます。

結論から言うと、
✅過去に確定申告していなければ、これから早急にした方が良いです。
✅これから確定申告すべきか悩んでいるなら、迷わずやりましょう。

というのは、
せどりの確定申告しないのは、すぐにバレるからです。

また、税務調査が入る前に申告した方がペナルティはずっと軽く
何より調査官の心証が雲泥の差だからです。

せどりの確定申告をしてないのはすでにバレている

じつは、税務署は、せどらーの売上のデータはすでに持っています。

どこで入手するのかというと各プラットフォームの税務調査です。

たとえば、せどりをするなら、
利用するプラットフォームはAmazon、ヤフオク、メルカリ、ラクマなどになると思います。

プラットフォーム各社は日本に法人があるので、税務署の税務調査を受けています。
税務署はその際、出品者の取引の履歴を手に入れることができます。

その取引を名寄せすれば、1円単位で出品者の売上がつかめます。

ポイント

じつは、プラットフォーム側の調査で、せどらーの情報はすでに収集済みというわけなんです。

せどりの無申告を税務署がマークし始めた3つの理由を元税理士事務所職員が解説

  過去の確定申告をしなかったのマズいかなぁ。 無申告って税務署にわかるものなの? そもそもさかのぼって、確定申告できるの? せどりの確定申告をしてなくて、不安や疑問がたくさんありますよね。 ...

続きを見る

 

せどりの確定申告をしないときの追徴課税

せどりの確定申告をしなかったときのペナルティは、「延滞税」と「無申告加算税」です。

延滞税

延滞税は税金の未払いに対する利息のようなものです。

その利率は、期間を二つに分けて考えます。

法定納期限の翌日から
①「完納の日または2月を経過する日」
②「2月を経過する日の翌日から完納の日」

その場合の利率は

①の期間

年7.3%か延滞税特例基準割合+1%のいずれか低い方

②の期間

年14.6%か延滞税特例基準割合+7.3%のいずれか低い方

 

無申告加算税

無申告加算税は、申告をしなかったことに対してかかる税金です。
本来納めるべき税金(本税)に率を乗じて計算します。

税務調査で指摘された場合、
本税に対して50万円までの部分に15%50万円を超える部分に対して20%かかります。

税務調査の事前通知後であれば、
本税に対して50万円までの部分に10%50万円を超える部分に対して15%かかります。

税務調査の事前通知

税務調査の事前通知というのは、調査官が税務調査に行く場合、法律上、「税務調査に行きますよ」ということを通知しなければいけません。この通知のことをいいます。

まったくの自主申告の場合は、
本税に対して50万円までの部分50万円を超える部分ともに5%になります。

自主申告であれば、無申告加算税は、かなり軽減されます。

税務調査での心証

確定申告をしないことの一番のリスクは「税務調査での調査官の心証」です。

確定申告をしても税務調査がないわけではありません
だったら、
確定申告をせずに、税務調査で指摘されて申告すれば問題ないんじゃない?

と思う方もいますが、実際は全然違います。

税務調査は、請求書、領収書、帳簿などの書類のチェックが主な調査官の作業です。
当然、疑義を質問してくるわけですが、

自ら申告をしている人、無申告の人では、心証がまったく違います。

調査官も人間ですから、
というか、極端にウソ偽りに敏感な人種ですから、

無申告の人は、いわば「税務調査がなければ申告しない人」という色眼鏡で見ています。どんなに正直に話しても、どこか隠しているのではないか?

という目で見られることは否めません。

つまり、税務調査の間中、不利なポジションで調査を受けることになります。

過去の無申告は「期限後申告」として受付可能

一刻も早く、無申告の分は確定申告すべきことがお分かりいただけたでしょうか。

ところで、申告期限が過ぎてしまっているものを税務署が受け付けるのか疑問ですよね?
そこは安心してください。

期限が過ぎたものは、「期限後申告」として受け付けてもらえます。

とはいえ、今まで無申告だったものをいきなり申告するって勇気いりますよね。

今まで無申告だったのに、

いきなり申告書を提出?
何かあるのでは?

と税務署に思われるかもイヤですよね。

そんなときには税理士に依頼しましょう。

じつは税理士が確定申告書を作成する場合、税理士署名欄に署名します。
もちろんこれは税務署側も目にします。

これだけで、何も言わなくても
「あぁ、税理士に確定申告をするように」
指導なり、促されたりしたのかなぁというストーリーができます。

税理士に依頼するメリット

税理士に確定申告を依頼すると「税務代理権限証書」をつけて税務署に提出してくれます。(税理士に添付する義務があるわけではありません。)

税務代理権限証書
税務代理権限証書

この書類は、税理士が「税務に対しての権限を納税者から委任されてますよ」ということを表す書類です。

この書類があることで、税務署は、税務調査の連絡や通知などを税理士をとおして行うことになります。

✔税務調査の連絡が来たらどう返事していいかわからない

✔副業でせどりをやっているので、本業の勤務中に税務署からの連絡はマズい

というお悩みがあれば、

税務署対応に慣れている税理士に任せることができるので安心です。

他にも、確定申告を税理士に任せるメリットとしては、

税理士に任せるメリット

  • 確定申告の手間がなくなり、せどりの業務のために時間がとれる
  • 税務調査対策を施した確定申告書を作成してもらえる
  • 節税などの有益な情報がとれる
  • まちがいなどが少ないので税務署からの問い合わせ自体が少ない
  • 今後融資を受ける際に、信用のある確定申告書として見てもらえる

これだけのメリットがあります。

税理士に依頼するデメリット

逆にデメリットとしては、以下の二つではないでしょうか?

✅税理士費用がかかる。

✅税理士費用がいくらかわからない。

税理士費用がかかるのはしょうがないにしても、
税理士費用っていくらか見当つかないですよね。知らずに頼んで高い料金とられては意味がありません。

そんなときは、税理士紹介サイトを利用しましょう。

税理士紹介サイトでは、ある程度の相場観を持っているので、相談しながら、予算を伝えて税理士を探すことが可能です。

さらに
事前にどんな税理士がいいかを伝えておけば、面倒な税理士探しから、日程調整までも行ってくれます。

税理士紹介サイトの選び方

一口に税理士紹介サイトといっても、もいろいろあります。
その中から、あなたに合った税理士紹介サイトを選ぶにはポイントがあります。

それは、

ポイント

あなたが何を最優先するかで決めるのがポイントです。

優先するものとは、たとえば、、、

✔安心できる大手がいい
✔地方に住んでいるので、全国規模で登録税理士が多いところがいい
✔税理士選びは失敗せずに一度で終わらせたい
✔面倒なことはお任せがいい

といったことです。

これを税理士紹介サイトの特長にあてはめると、

✔安心できる大手がいい
✔地方に住んでいるので、全国規模で登録税理士が多いところがいい

ココがおすすめ

税理士ドットコム

✔税理士選びは失敗せずに一度で終わらせたい
✔面倒なことはお任せがいい

ココがおすすめ

税理士紹介エージェント

それでは、税理士ドットコムと税理士紹介エージェントについて、くわしく見てみましょう。

税理士ドットコム

税理士ドットコムの公式サイトはこちら

安心できる大手がいい、地方に住んでいるから登録税理士が少ないのではと心配と思っているなら、税理士ドットコムがおすすめです。

税理士ドットコムは東証マザーズ上場企業が運営するので安心です。
また、全国規模で、登録税理士は業界最大なので、地方に住む人でも地元の税理士が紹介してもらえます。

ポイント

✅東証マザーズ上場企業が運営

✅税理士登録数5,700人

✅全国規模で展開

✅14年間で127,000件の実績

税理士ドットコムの公式サイトはこちら

税理士紹介エージェント

税理士選びは失敗せずに一度で終わらせたい、面倒なことはお任せがいいなら、税理士紹介エージェントがおすすめです。

税理士紹介エージェントのメリット

✅面談により審査に合格した税理士が登録

✅担当者に税務会計の専門知識があるのでマッチングが適切

✅担当者が税理士とのやり取り交渉を代行してくれる

 

税理士紹介サイトは登録無料なので、登録して見積もりをとって検討するだけでも価値があります

注意ポイント

確定申告時期は、
時期が迫るほど税理士紹介サイトはつながりにくくなります

また、いい税理士ほど、仕事が殺到して依頼できなくなります

早めに登録しておきましょう。

スポンサーリンク

-確定申告

PAGE TOP

© 2021 せどりの確定申告メソッド Powered by AFFINGER5