プロフィール

税理士業界に入る前は建設資材関連の営業を3年やっていました。
当初から税理士をめざし、税理士試験受験と仕事の両立に苦労しました。
結果、税理士試験は財務諸表論1科目の科目合格のみ。

step
1
資産課税の退官税理士の事務所


[2001年ー2003年]

一番最初に、税理士業界に入った時は、未経験で簿記の資格は「日商簿記3級」という超ショボいスキルで転職しました。

未経験からのスタートで、業務はほぼ会計の入力、簡単な申告書の作成、届出書の作成等で顧客対応はほとんどやってませんでした。

お客さんと接すること、税務調査に立ち会うことなどの経験を積むこと、給料アップを実現するため転職をすることになります。

 

step
2
査察(マルサ)出身の退官税理士の事務所


[2003年ー2007年]

この事務所で、一般的な税務のすべてを学びました。実務経験2年程度でしたが、担当も持たせてもらい、税務調査の立ち会いなども任せてもらえました。おそらく税理士業務の基礎ができたのはこの事務所で働かせてもっらたおかげです。

step
3
ファンド管理、コンサルティング中心の税理士法人


[2007年ー2010年]

step
4
一般的な税理士事務所の立ち上げ


[2010年ー2012年]

ここでは、独立したばかりの税理士とともに立ち上げを担いました。

step
5
相続税と一般税務を扱う税理士事務所


[2012年ー2019年]

© 2021 未経験からの会計事務所転職ノウハウ Powered by AFFINGER5